公益財団法人
福島県体育協会

   平成29年7月28日(No.17-4)

5月末から、県内5会場、計7回にわたって開催されました「うつくしまスポーツキッズ発掘事業第1ステージ『スポーツキッズ発掘テスト』」は、県内の小学3〜6年生370名が参加し、6種類の体力・運動能力テストに全力で取り組みました。本年度は、5つすべての会場に地元福島のプロバスケットボールチーム「福島ファイヤーボンズ」の選手やコーチがゲストとして参加し、模範試技をしたり、子供たちと一緒に活動したりするなど、会場は大いに盛り上がりました。

発掘テストはうつくしまスポーツルーターズの皆さんにお手伝いいただき、スムーズに運営をすることができました。また、本年度も多くの競技団体様が将来有望なキッズを発掘するため来場され、説明会と実演で各競技の魅力をキッズたちと保護者の皆様に伝えていただきました。重ねて感謝を申し上げます。

日   程

会   場

実 施 人 数

5/27(土)

いわき市立総合体育館

@  72

5/28(日)

河東総合体育館

A  55

6/10(土)

須賀川アリーナ

B  76      C 53

6/11(日)

南相馬市スポーツセンター

D  14

6/17(土)

二本松市城山第2体育館

E  47      F  53

 7月4日(火)国体記念体育館研修室において、公益財団法人福島県体育協会うつくしまスポーツキッズ発掘事業第1ステージ発掘テスト選考会議が開催されました。選考会議には、プロジェクト委員の小川宏氏、山下訓史氏、関根智美氏、体育協会から佐藤弘樹専務理事と尾形幸男事務局長が出席し、第1ステージ発掘テストの結果をもとに選考を行いました。

 今回の選考会議で、3年生から6年生まで各学年それぞれ15名ずつ、合計60名のキッズが選考されました。

 8月26日(土)安積総合学習センターで行われる開始式から第2ステージがはじまり、選ばれたキッズは、8競技団体によるクロストレーニングに取り組んでいきます。また、県内の全小学生を対象に13競技団体が体験プログラムを実施します。今回残念ながら選ばれなかったキッズも、体験プログラムに参加し、多くの競技にふれてほしいと思います。

 これらの活動を通して、興味のあるスポーツに出会い、夢や希望を持ってたくさんのスポーツに取り組んでもらうとともに、将来有望な人材の発掘・育成を目指していきたいと考えております。