公益財団法人
福島県体育協会

   平成28年8月25日(No.16-8)

 

7月25日(月)から公立藤田総合病院において「ふくしまJアスリート」強化支援事業「メディカルチェック」前期の部(7〜9月の期間で実施)がスタートしました。

今回は、日本大学の渡邉祐希選手(自転車)、猪苗代高校の長谷部宏仁選手(スキー)、会津工業高校の大嶋柚選手(スキー)の3名です。採血や診察、整形外科的メディカルチェック、コントロールテスト、栄養チェックなどに取り組みました。

 参加した3選手は、自分の身体の特徴や補強すべき部分などを知ることによって、今後のトレーニングへの意欲を高めることができたようです。昨年から継続してメディカルチェックを実施した選手は、昨年度よりも自分の運動能力に向上が見られたことをとても喜んでいました。また、同行されていた保護者の方は管理栄養士に食事についての指導を受けたり、医師へサプリメントや医薬品の服用についても質問したりするなど、積極的に情報交換をしながら選手のサポートについて理解を深めることができました。

 このメディカルチェックを今後の競技に生かし、さらなる活躍をしていただきたいと思います。

後期は2〜3月に実施の予定です。