古代の剣法は、そもそも自由でした。近代化に伴い、様々なルールによって打つ面などが、制限されてきました。子どもの頃に神社の境内で木や竹の棒を振り回して、駆け巡った頃のチャンバラごっこを、より公平に、自由に、そして安全に開発したのがスポーツチャンバラです。

  • 実践感覚の護身格闘技!
    実際の真剣勝負では、ルールを決めて戦うだろうか。その疑問をもとにしているので、打ち方やよけ方に決まった型はありません。打た
    れずして打つのが原則です。ルールも最小限に留めており、各自が自由な戦法で、好きなように戦うことが出来ます。ついつい夢中になってしまうスポーツです!
  • 誰でも、誰とでも安全にフェア−に戦える
    実力、体格の差は、用具で補うことも出来ます。用具も柔らかい素材
    を使用しているので、打たれた衝撃が小さく安全です。


  • エアーソフト剣は、公式な大会で使われています。エアーポンプで空気を注入して使います。

  • プラスチックで出来ています。
  • 服装は、特に決まりはありません。動きやすい服装にしましょう。履物は、裸足で行われますが、会場によっては運動靴を履いても構いません。


  • ルールが少なく、技も自由で制限がほとんどありません。
    より実践的なプレーが楽しめる反面、つい興奮して感情的になってしまうことがあります。「打つ」より「打たれない」ことを重視しているスポーツなので、紳士的な態度でプレーしましょう!!

戻る