スイスの生物学者ブランド博士が、ボールゲームの特徴である侵略性をなくして平和主義的な思想に基づいて考案しました。「チュックボール」の名称は、ボールがネットにあたったときの音が「チュック」と聞こえたことから命名されました。チュックボールは、フランス、イギリス、スイス、台湾で盛んなスポーツです。ハンドボールにちょっと似ています。

  • ユニーク!
    シュートをしただけでは得点になりません。シュートしたボールのキャッチを相手側が失敗して初めて得点になります。キャッチされると相手側の得点になります。また、どちらのネットも使用が可能で、従来のボールゲームとは異なるユニークさがあります。
  • パス中心のゲーム展開
    ドリブル禁止なので、選手がボールに触れる機会が増えます。
  • 安全
    相手チームに対する、一切の妨害行為が禁止されています。


  • ネット(約95cm×95cm:\5800)は、ゴールの代わりに使います。
  • ボールは、ハンドボールを使用します。(小学校低学年は1号球、小学校中・高学年は2号球、中学生以上は3号球を使用)
  • 服装の指定は特にありませんが、チームをはっきり区別できる工夫が必要です。


  • 突き指に注意!!
    ボールが硬いので突き指には注意しましょう。
  • 仲間同士の衝突に注意!!
    慣れないうちは、ゴールから跳ね返ったボールを取る際の、味方同士での衝突に注意しましょう。

  • 本格的にやりたい人は・・・
    <問い合わせ>
    県体育協会生涯スポーツ係 TEL024-521-7896
    県チュックボール協会 TEL024-553-7663

戻る