由来
冬季オリンピックで種目に加わった氷上のスポーツ「カーリング」からヒントを得て考案されました。考案したのは、名古屋在住の田中耕一氏(現・日本カローリング協会理事長)です。カーリングが、氷の上で行われるのに対し、カローリングは、底にベアリングホイールを取り付けた「ジェットローラ」を用いることで、体育館など一般的な施設で行うことができます。現在では、本部のある名古屋を中心に、国内5ヶ所に支部があります。
いいところ
・ 三世代交流可能!
屋内でプレーできる点、体力よりも技術的な要素が重要である点から、体力の心配もいらず、子どもから高齢者までみんなで楽しめるスポーツです。
・ 場所を選ばない!
本来は、氷上でしか行えないスポーツでしたが、ベアリング(小さいローラー)を底に取り付けることで、年間を通して、様々な場所で行えます。
・ かけひき!
相手のジェットローラをはじき出して逆転したり、逆転されたりと、攻防合戦も魅力の一つです。力加減によって、狙ったとおりに得点することが難しいスポーツなので、その点でも、奥が深いようです。
必要なもの
・ ジェットローラ
1チーム3人用で6個のジェットローラが必要です。全部で6色あり、投げる順番で色が決まっています。重さは3.7kgです。
・ ポイントゾーン

安全面の注意
・ 投球するときに膝をつきます。3.7kgのジェットローラを投げながら膝をつくので、バラン
スを崩して膝を打ったりしないように注意しましょう。
本格的にやってみたい人は・・・
問い合わせ:県体育協会 生涯スポーツ係   TEL 024-521-7896

戻る