カヌーとは?
 カヌーは一般的に船首と船尾がとがっていて、パドルと呼ばれる漕ぎ棒によって進む船のことです。
ボートは進行方向に背を向けて進むのに対し、カヌーは進行方向を向いて進むのが特徴です。
 カヌーといえば荒れ狂う川の激流を漕いでスラロームしたりする競技カヌーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。カヌーは最近になって大人の趣味としてもとても脚光を浴びているスポーツで、ツーリングやサーフカヤック(波乗り)、シーカヤック(海で使用するちょっと長い艇)、ロデオ(アクロバット競技)、インフレータブル(空気でふくらます)、ファルトカヌー(折りたたみ)などがあり、形状もカヤック、カナディアンの種別や一人艇、タンデム(二人乗り)艇などもあり、多岐にわたっています。それぞれに独自の楽しみ方があり、ユーザーは用途に合わせた選択ができます。

カヌーの用具
@ カヌー本体
カヤック:エスキモーに伝わる形にルーツのあるタイプで大部分がデッキで覆われており、寒いときは暖かく、直射日光で脚部がさらされる心配がありません。さらに沈してもリカバリーがカナディアンより素早くできる特徴があります。パドルは両端にブレードのあるダブルパドルタイプを使用します。

カヤック>

カナディアン:カナダの原住民の使用していた船にルーツがあり、艇体はオープンです。よって荷物の運搬能力が高いことや、漕ぎ手の体勢の変化も容易にできます。パドルは片側に大きなブレードがあるシングルパドルタイプです。

<カナディアン>

A パドル
   カヌーを漕ぐためのもの。ボートのオールに相当するもの。

     
シングルパドル      ダブルパドル

B 浮力体 :艇を沈ませないために艇に積み込む浮き袋のようなもの。

C スプレーカバー:艇に水が浸入しないように乗り手と乗り込み口のすき間をふさぐスカートのようなもの。

D ライフジャケット:ベスト型の救命胴衣で必ず着用します。(泳ぎに自信があっても着用しましょう。)

E ヘルメット :川など。水中に岩石があるときは必ず着用します。

カヌーの上手な楽しみ方
 ここではレクリエーショナルなカヌーの楽しみ方について考えてみましょう。
 タイプ別に楽しみ方が異なります。

○ツーリング
  艇に荷物を積み込んだりして遠漕します。安定する艇が適してます。

○カヌーサーフィン
  基本的にはどんな艇でもできるのですが、サーフボードのようなかたちのデッキのないシットオンタイプの 艇が一般的です。

○カヌーフィッシング
  釣り道具を積んでフィッシングです。モーターボートのように音も無くポイントに近づけますが、艇の安定を図るためアウトリガー(補助浮揚体)を装着した方が良いでしょう。

○川くだりツアー
  ガイド付きツアーなどが企画されているくらい流行の川くだり。折りたたみ機能のあるファルトカヌーなどでも手軽にできます。折りたたんだ状態で上流に車などで向かい、組み立て、スタート。お迎え役のドライバーは下流に先回りして到着を待つ、という楽しみ方も容易にできます。

○シーカヤックツアー
  海で行うところに新鮮さがあります。独特の潮流やうねり、いつもは岸からしか眺めない海も実際水面を漂いながら陸地を眺めると景色が違って見える・・・そうです。艇は川用より長めです。

○ロデオ
  読んで字のごとくですが、流れの激しい場所、いわゆるホワイトウォーターでアクロバティックな技を競います。非常に短い艇で独特の形をしています。とてもカラフルな艇が多いのも印象的です。
 その他にも様々な楽しみ方がありますがまず手始めに注意しなくてはいけないこともあります。

○注意しなくてはいけないこと
 穏やかな川や湖、湾内のような静水で楽しむことから始めます。ライフジャケットとヘルメットは必ず装着しましょう。まずはいくつか考えられる注意点について触れます。よくあるのが釣り人とのトラブルです。さまざまなケースがありますが、注意が必要です。湾内は必ずしも安全ではありません。漁船や観光船などの航路にあたるところでは特に注意が必要です。川については増水や流れなどに注意が必要です。湖では特に水温の低いところでは思わぬ事故も起きたりしますので注意が必要です。最近流行っているサーフカヌーなどは海の知識が必要となり、いずれにせよ危険と隣り合わせであるという認識を持って楽しむことが大切です。
 慣れてくれば遠くに漕ぎ出したくなるもの。その前に沈したときの脱出についても学んでおきましょう。リカバリーの方法など、できればカヌースクールで学ぶとコツなどがわかりますので有効です。

○カヌーの情報
  レクリエーショナルカヌーの情報はアウトドアショップやスクール、個人のホームページなどでもたくさん見受けられます。関連書籍も多数出ておりますので参考にすると良いでしょう。

社団法人日本カヌー連盟

戻る