〜東日本大震災復興支援財団支援事業 福島県スポーツ振興基金助成事業 ふくしまスポーツキッズ活動支援事業〜

うつくしまスポーツキッズ発掘事業 

第3ステージ ジュニアサポートプログラム【宿泊プログラム】実施!

期  日

平成29年12月2日(土)〜12月3日(日)

    
会  場 駒沢オリンピック公園 陸上競技場
日本大学文理学部キャンパス
参加人数 第3ステージ(ジュニアサポートプログラム)9名
       

【12月2日(土)】

☆開講式

  ☆オリンピアンによる特別課外授業
      
  【講師:高平慎士さん】
        
【講師:秋本真吾さん】

☆ミーティング

 【12月3日(日)】

☆東京都体育協会ジュニア指定選手との交流会

     【講師:日本大学文理学部 教授 高橋正則先生】

☆トップアスリート交流

     【講師:三井梨紗子さん】

   ☆閉講式

 

 第3ステージのジュニア9名が参加し、東京での宿泊プログラムを実施しました。

 1日目は、駒沢オリンピック公園にて福島県出身で元陸上競技選手の秋本真吾さんにMCを務めていただき、北京オリンピック銀メダリストで元陸上競技選手の高平慎士さんから講演をいただきました。メダルを獲得した当時のお話から始まり、試合前の過ごし方、夢実現のための目標設定や考え方について、更には幼少期から選手になるまでの人生談など幅広いお話をしていただき、ジュニアたちは真摯に話を聞き積極的に質問をしていました。

 講演後は公園内の中央広場へ移動し、実技講座をしていただきました。普段の生活や通常の運動ではしない動きをしてみると、からだは思い通りに動かないと体感させられました。また、高平さんが実際に行っている体幹トレーニングにも取り組みました。特別課外授業を終え、駒沢公園を出て宿舎へ移動した後は、ミーティングを行い一日の感想や翌日のプログラムへの意気込みをひとりひとり発表しました。

 2日目は、日本大学文理学部キャンパス内にて東京都体育協会が選考するジュニアとの交流となりました。初めにゲスト講師としてリオオリンピック銅メダリストの元シンクロ競技選手である三井梨紗子さんに座談会を設けていただきました。負けて学んだことや、その経験を経てメダリストになるまでの知られざる選手生活など貴重なお話を聞くことができました。

後半では日本大学の高橋先生よりチームビルディングを学びました。初対面の人とのコミュニケーションの取り方や、伝えることの難しさと即座に共通理解を図るコツを学びました。ジュニア一同、積極的に東京のジュニアに声をかけている姿が印象的でした。

オリンピアンによる講話や実技講習、東京都のジュニアとの交流会など、普段なかなかできないことを経験し目を輝かせていた様子でした。また、このプログラムをとおしてジュニア同士も仲を深めることができ、有意義な時間を過ごしていました。

   開講式      秋本真吾さんMCによる高平慎士さん講話  

   

   高平慎士さんトレーニング講座@      高平慎士さんトレーニング講座A  

   

   記念撮影      宿舎にてミーティング  

   

   東京都との交流プログラム代表挨拶      三井梨紗子さんとの座談会  

   

   チームビルディング@      チームビルディングA  

   

   交流プログラムの記念撮影      閉講式  

   

 
  ※ 保有する個人情報の取り扱いについて
 お子様の個人情報は、(公財)福島県体育協会が個人情報の保護についての法令を遵守し、適切な運用管理を行います。