〜福島県スポーツ振興基金 ふくしまスポーツキッズ活動支援事業〜

うつくしまスポーツキッズ発掘事業 
第2ステージ 体験プログラム「体操・トランポリン」実施!

主催:(公財)福島県体育協会 共催:福島県 

後援:福島県教育委員会・福島県高等学校体育連盟・福島県中学校体育連盟

協力:(公財)福島県体育協会指定競技団体

期  日  平成28年11月3日(木)    

会  場

いわきラビット体操クラブ

指 導 者

 小林 祐貴 氏(福島県体操協会)
 齊藤 英美 氏(福島県体操協会) 他

参加人数  37名
          平均台でバランスよく歩きます  

 いわきラビット体操クラブで行われた体験プログラム【体操・トランポリン】競技では、37名と多くの参加者が集まりました。リオデジャネイロオリンピックで金メダルに輝いた体操競技なので、参加者の興味・関心も高く、何よりも技を覚えることに意欲的です。4つのグループに分け、午前2種目、午後2種目のトレーニングに取り組みました。ウォーミングアップで念入りに柔軟と体幹トレーニングを行い、種目に入ってからは高度な技にも挑戦しました。跳び箱での転回とびなど、高度な技もできるようになり、技ができたときの喜びの表情が印象的でした。
 東北チャンピオンの中学生の模範演技もあり、だんだんとひねりや回転を増やしていくタンブリングでは、D難度の3回ひねりはもちろん、有名なシライ(4回ひねり)にも挑戦する演技を見ることができました。目の前で見る大技に歓声と拍手がわき上がり、参加者も憧れの気持ちを抱いて、最後まで挑戦していました。

   様々な姿勢でジャンプ       補助してもらって転回とび  

   最後まで楽しくできました        

※ 保有する個人情報の取り扱いについて
 お子様の個人情報は、(公財)福島県体育協会が個人情報の保護についての法令を遵守し、適切な運用管理を行います。