〜福島県スポーツ振興基金 ふくしまスポーツキッズ活動支援事業〜

うつくしまスポーツキッズ発掘事業 
第2ステージ 体験プログラム「銃剣道」実施!

主催:(公財)福島県体育協会 共催:福島県 

後援:福島県教育委員会・福島県高等学校体育連盟・福島県中学校体育連盟

協力:(公財)福島県体育協会指定競技団体

期  日  平成28年10月22日(土)    

会  場

国体記念体育館サブアリーナ(福島市) 

指 導 者

 木村 重男 氏(福島県銃剣道連盟事務局長)
 舘石久盟蔵 氏(福島県銃剣道連盟)
 佐々木隆雄 氏(福島県銃剣道連盟)
 佐藤 秋弘 氏(福島県銃剣道連盟)
 国分 幸一 氏(福島県銃剣道連盟)
 福島市銃剣道スポーツ少年団の皆さん

参加人数  16名
           正しい姿勢であいさつ  

  福島市にある国体記念体育館サブアリーナにおいて銃剣道の体験プログラムが実施されました。県銃剣道連盟事務局長である木村先生をはじめ5名の指導者と、スポーツ少年団に参加している小中学生のお手伝いのもと、参加者は目を輝かせてプログラムに参加していました。はじめはドッジボール等で準備運動を行い、次に保護者の皆様も一緒になって礼法指導を受けました。そして経験者の模範演技を見学した後、実際に木銃を持って「突き技」にチャレンジしました。「やーっ!」というかけ声とともに、突きを放つ姿はとても格好良かったです。短い時間ではありましたが、銃剣道の楽しさに触れることができたのではないかと感じました。

   基本動作       突きの練習  

   集合写真        

※ 保有する個人情報の取り扱いについて
 お子様の個人情報は、(公財)福島県体育協会が個人情報の保護についての法令を遵守し、適切な運用管理を行います。