〜福島県スポーツ振興基金 ふくしまスポーツキッズ活動支援事業〜

うつくしまスポーツキッズ発掘事業 
第2ステージ 体験プログラム「ウエイトリフティング」実施!

主催:(公財)福島県体育協会 共催:福島県 

後援:福島県教育委員会・福島県高等学校体育連盟・福島県中学校体育連盟

協力:(公財)福島県体育協会指定競技団体

期  日  平成28年10月29日(土)    

会  場

 のんびり温泉「三宅道場」(郡山市)

指 導 者

 鈴木 宗徹 氏(福島県ウエイトリフティング協会)
 長南 国彦 氏(福島県ウエイトリフティング協会)

夢アスリート  佐藤 啓隆 氏(日本体育大学2年)
 青木 智也 氏(日本大学1年)
参加人数  7名
            

 オリンピアン三宅宏美選手も練習で使用している郡山市の「三宅道場」にて、第2ステージ体験プログラム【ウエイトリフティング競技】が開催されました。今回は福島県が誇る夢アスリートである、佐藤啓隆選手と青木智也選手も駆けつけて、未来のアスリートを夢見るキッズに激励をしてくれました。夢アスリートのパフォーマンスを実際に見て、100sを越える重さを軽々と上げてしまう力強さに、キッズも驚きと憧れを兼ねた表情を見せていたのが印象的でした。
導入で全国レベルの大会をビデオ鑑賞し、序盤はシャフトのみで下から上までのリズムとバランスを重視して繰り返し練習しました。慣れてから徐々にプレートをつけて挑戦し、最後には1人ずつ発表を行いました。初めてとは思えないほど安定した捌きのできるキッズもいて、協会の先生方も運動能力の高さに驚いていました。
  体の大きい人が行う競技のイメージがありますが、最も重要なのは瞬発力と集中力であるということを解説してもらいながら、様々な競技のトレーニングにもウエイトリフティングは活用されていることを学びました。

   全国レベルの試合をビデオ鑑賞       シャフトのみで練習  

   1人ずつ発表会       集合写真  

※ 保有する個人情報の取り扱いについて
 お子様の個人情報は、(公財)福島県体育協会が個人情報の保護についての法令を遵守し、適切な運用管理を行います。