平成29年度 第7回川本ジュニア塾

 

日 時:平成29年12月17日(日)

会 場:福島大学陸上競技場

参加者:川本ジュニア塾生39名

 

1 開会式

○主催者あいさつ 福島県スポーツ課 中村俊之 指導主事

 

 

 

○塾長あいさつ 福島大学 川本和久 教授

 

○講師紹介 

短距離  川本 和久 教授(福島大学)

     青木沙弥佳選手(東邦銀行陸上競技部)*特別コーチ

            二瓶 秀子 先生(福島県スポーツ課)
  
跳 躍  菊田 明博 先生(福島大学トラッククラブ)  
  
ハードル 雪下 良治 先生(会津学鳳高校)
  投てき  中村 俊之 先生(福島県スポーツ課)

 

 

 

3 種目ごとの技術練習

短距離

  脚をつく位置、前後脚の切り返しのタイミング、地面への力の加え方など、丁寧に指導していただきました。

 

ハードル


基本となるハードルドリルを中心に練習しました。

 

跳  躍

 

跳躍選手に必要なコーディネーショントレーニングや、ミニハードルを使ってリズム感を養う練習を行いました。

 

円盤投

 
円の軌道と基本動作の連携を意識しながら、フルターンを中心に技術練習を行いました。
最後のまとめでは、それぞれが、納得の一本を投げることができました。

 

 

平成28年度川本ジュニア塾修了式  
  主催者あいさつ    
 

福島県スポーツ課 佐藤 弘樹 課長 

  修了証授与    
 

川本塾長から修了証、福島県スポーツ課・佐藤弘樹課長より記念品の贈呈がありました。
 

  コーチあいさつ    
 

1年間指導していただいたコーチより、激励の言葉をいただきました。

  
 菊田 明博 先生(福島大学トラッククラブ)         雪下 良治 先生  (会津学鳳高校)

  塾長あいさつ    
 
「練習で強い心を作っていくこと。そして、自分を信じ、自分がやれるという強い気持ちをもって競技に取り組んで欲しい。」と塾生達へ励ましの言葉をいただきました。  
  塾生代表あいさつ    
 

塾生を代表して齋藤珠理さんが、「川本塾で、考え方をたくさん学ぶことができました。
これからもさらに上を目指して頑張っていきたいです。」と決意を述べました。

 


                           走れ!未来!