平成29年度 第6回川本ジュニア塾

 

日 時:平成29年11月19日(日)

会 場:福島大学陸上競技場

参加者:川本ジュニア塾生38名

 

1 開会式

○主催者あいさつ 福島県スポーツ課 中村俊之 指導主事

 

 

 

○塾長あいさつ 福島大学 川本和久 教授

 

○講師紹介 

全 体  川本和久 教授(福島大学)

短距離  渡辺真弓 コーチ(東邦銀行陸上競技部)*特別コーチ

            二瓶秀子 先生(福島県スポーツ課)
  
走幅跳  菊田明博 先生(福島大学トラッククラブ)  
  
走高跳  鈴木真悟 選手(福島大学トラッククラブ)
  
ハードル 雪下良治 先生(会津学鳳高校)
  投てき  中村俊之 先生(福島県スポーツ課)

 

2 新加入の塾生からのあいさつ

 


新しい塾生が、多数加わりました。自己紹介と共に来シーズンに向けての目標を力強く発表しました。

 

3 種目ごとの技術練習

短距離

変形ダッシュでウォーミングアップをしました。さすが、ダッシュ自慢中学生、レベルが高いです。

速く走るための正確な脚の動きを、渡辺コーチに指導していただきました。

何度も何度も、できるまで繰り返して練習することが大事です。

 

 

ハードル

 

ミニハードルや、フレキシブルハードルを使って、技術練習を行いました。

 

走幅跳

跳躍選手に必要な要素を取り入れた動きを、たくさん体験しました。

 

 

走高跳

 

 
いつもの横軸回転とは違い、縦軸回転も行い、色々な空中感覚を養いました。

 

円盤投

基本的な動きを何度も繰り返して練習しました。

回転動作の連携を意識した技術練習を行いました。

 

 

3 閉講式

川本塾長から、ただ走るだけ跳ぶだけ投げるだけではなく、パフォーマンスを上げるために、
いつも色々なことを考えて陸上競技に臨んで欲しいとのお話をいただききました。

途中、小雪が舞う中での練習となりましたが、寒さも吹き飛ばすような充実した活動となりました。
指導していただいた先生方に、感謝を込めて全員であいさつをしました。