平成29年度 第4回川本ジュニア塾

日 時:平成29年8月26日(土)

会 場:福島大学陸上競技場

参加者:川本ジュニア塾生 24名

1 開会式

○主催者あいさつ 福島県スポーツ課 中村俊之 指導主事

○塾長あいさつ 福島大学 川本和久 教授

 

  川本塾長より
  「大会で自分の力を出し切ることが一番。
  また、日常生活のすべてのことが陸上競技につながっている。
  だから、学校生活も大切に何事にも全力で取り組むことが大切である。」
との話がありました

○全日本中学校陸上競技選手権大会「男子走幅跳」で7位入賞した 大橋一輝 選手からひと言

 


○特別コーチ 紫村仁美 選手 から一言

 

 ロンドン世界選手権100mHに参加した感想などを交えて話をいただきました。

 

 

○講師紹介 
  
短距離  川本和久 先生(福島大学)

           二瓶秀子 先生(福島県スポーツ課)
  走幅跳  菊田明博 先生(福島大学トラッククラブ)  
  走高跳  鈴木真悟 選手(福島大学トラッククラブ)

  ハードル 紫村仁美 選手(東邦銀行陸上競技部)*特別コーチ

2 種目ごとに技術練習

○短距離

 川本先生の指導で、みるみるうちにフォームが変化し、理想の走りに近づいていきました。

 

 

○ハードル

 特別コーチの紫村選手からは、実演も含めて、アドバイスを沢山していただきました
 世界レベルのハードル技術を肌で感じることができました。

 

                                            紫村選手の師範

  

○走幅跳
菊田先生からは、選手の習熟度に応じた技術指導がありました。

 

○走高跳

鈴木選手の実際の動きを見ながら、課題解決練習を行いました。

 

3 閉会式
○塾長あいさつ 福島大学 川本和久 教授

 講師の先生方に感謝の意を伝え、けがもなく充実した活動が終了しました。