平成29年度 第2回川本ジュニア塾

日 時:平成29年6月18日(日)

会 場:福島大学陸上競技場

参加者:川本ジュニア塾生15名

1 開講式

○主催者あいさつ   

  福島県体育協会 競技スポーツ係主査 中村俊之

○塾長あいさつ 福島大学 川本和久 教授

 

 夢や目標を持つこと。そして、それらを「絶対に叶える」という思いを、強く持ち続けることが大切であるとのお話をいただきました。

2 講師紹介

 
            左より 菊田明博先生 吉田真希子コーチ 渡辺真弓コーチ 鈴木真悟選手  

 

 

○特別コーチ 吉田真希子 コーチ(東邦銀行)
       渡辺 真弓 コーチ(東邦銀行)
 短距離   渡辺 真弓 コーチ(東邦銀行)

         二瓶 秀子 先生 (福島県スポーツ課)

走幅跳   菊田 明博 先生 (福島大学トラッククラブ)  

走高跳   鈴木 真悟 選手 (福島大学トラッククラブ)

ハードル  吉田真希子 コーチ(東邦銀行)

3 塾生 自己紹介

  今回から新しく参加する2人が、今年度の抱負を発表しました。

  

4 種目ごとに技術練習

○ 全体でウォーミングアップ

  東邦銀行の両コーチに、身体の使い方や走り方の基礎を指導していただきました。

  

 

  

 

  

○短距離

 スタートの音に瞬時に反応して動けるよう、
 スタートの反応時間を計測できる機械を使って繰り返し練習しました。

 


ひとりひとり、効率的なスタートフォームをコーチと共に作っていきました。

 
 本番さながらの緊張感のもとでのスタート練習となりました。

○ハードル

 吉田コーチの的確なアドバイスのもと、スタートからの加速の練習を繰り返し行いました。

 

  


○走幅跳

 

 

 

川本先生と菊田先生に、助走、踏切、空中動作を1人ずつ丁寧に指導していただきました。

 

○走高跳

 

 現役の鈴木選手が実際にお手本を見せながら教えてくださいました。

 「百聞は一見にしかず」みるみるうちに上達していきました。

 

5 閉会式

 川本先生から、全国大会で戦う気概についてお話しをいただきました。

 

 

 指導してくださった先生方に、感謝の意を込め「ありがとうございました」と全員で挨拶をしました。
  怪我などもなく充実した活動となりました。