第7回川本ジュニア塾

日 時:平成29年3月5日(日)

会 場:福島大学陸上競技場

参加者:川本ジュニア塾生 24名
1 開始式

○主催者あいさつ  

    福島県体育協会 菅野卓弥 指導主事

                                                                                       

 ○塾長あいさつ 福島大学 川本和久 教授

  


2.講師紹介

   短距離  渡辺 真弓 コーチ (東邦銀行)
        
二瓶 秀子 先生  (福島県スポーツ課)
   走幅跳  菊田 明博 先生  (福島大学トラッククラブ)
   走高跳  川本 和久 先生  (福島大学)
        
鈴木 真悟 選手  (福島大学トラッククラブ)
   ハードル 記野 友晴 選手  (東邦銀行)

 ○ 特別コーチ  渡辺 真弓 コーチ (東邦銀行)

          記野 友晴 選手  (東邦銀行)

 

3. 種目ごとに技術練習

 

○短距離

 スティックを使って動きの確認をしました。少しずつストライドを広げていきながら丁寧に正しい動きの反復練習を行いました。
 かっこよく走れるようになりました。


 

○ハードル
 東邦銀行の記野選手に指導して頂きました。さすが、お手本の動きもシャープです。

 来年度、高校生になる塾生達には、さらに上を目指すための技術を教えて頂きました。

 

○走高跳
 ロイター板も使いながら、踏切〜クリアランスの練習を行いました。


 

○走幅跳

 助走〜踏切の練習を中心に行いました。

 
4 平成28年度川本ジュニア塾修了式

 

○主催者あいさつ

 
  福島県スポーツ課 遠藤均 課長

〇修了証授与

  川本塾長から修了証、福島県スポーツ課、遠藤均課長より記念品の贈呈がありました。
  

 ○コーチあいさつ

 

指導していただいたコーチを代表して、菊田明博先生(福島大学トラッククラブ)より激励の言葉をいただきました。


  

○塾長あいさつ 福島大学 川本和久 教授

 

「人は頑張る力を絶対に持っている。未来の君たちに期待をしている。」と塾生達に熱いエールをいただきました。


  

○塾生代表挨拶
 塾生を代表して熊田統弥君が、「川本塾で学んだことを、これからも自分の陸上競技に活かしていきたい。」と決意を述べました。