「私と野球」
    
聖光学院高校野球部3年   舟 田  博 紀 さん
  

私が野球を始めたのは、小学2年生の時でした。父と兄の影響を受け、小学野球チームのリトルリーグ、シニアリーグに入団しました。父はとても野球に詳しく、普通の人とは違った視点で教えてくれます。指導が厳しくて泣いたこともあります。しかし、母の励ましや、「兄よりもうまくなりたい」という一心で、苦しいことも乗り越えることができました。兄は私の目標であり、人間としても尊敬できる存在です。
父は、技術面だけでなく、ピッチングの組み立て、配球、バッターの弱点など、野球に必要な知識も教えてくれました。私の野球の基礎、土台も作ってくれたのは父です。
中学卒業後、私は聖光学院高校に入学しました。そこで、私の野球観は大きく変わりました。
聖光学院高校野球部は精神力を大事にします。野球は人間性のスポーツであり、日々の生活が野球にもつながっているということも学びました。入学当初、私は野球の技術については多少の自信もあり、監督やコーチの精神面についての助言に対して素直に耳を傾けることができず、心の中では反抗していました。しかし、2年生夏の大会前の合宿で、心の底から気持ちの大切さ、自分自身の未熟さに気付く機会がありました。
それが、プレッシャーバッティングです。3年生がバッティングゲージを囲み、2年生に向かってヤジや檄(げき)を飛ばします。気持ちの弱い選手は、ヤジや檄に影響され、自分のバッティングができなくなります。夏の大会は3年生にとって高校野球最後の大会です。気持ちの弱い2年生とは心中できません。私は、3年生に負けじとヤジを言い返しながら打っていました。しかし、次第に言葉が涙に変わり、自分のためにこんなに真剣になって言ってくれる先輩のヤジや檄がとても嬉しく思え、先輩に対して心から感謝の気持ちが湧いてきました。
この経験が無かったら、2年連続の甲子園出場、初戦突破、そして、1安打完封という結果にはつながらなかったと思います。
私にとって野球は、人間としての器を磨いてくれるものとなりました。
私は野球に出会うことができて幸せです。これからも、「感謝」の気持ちを忘れずに生きていきたいと思います。

<プロフィール>
競技種目名 硬式野球
氏  名 舟田博紀(ふなだ ひろき)
所  属 聖光学院高等学校3年
生年月日 昭和62年11月3日
出 身 地 会津美里町(旧会津本郷町)
出 身 校

会津本郷町立本郷第一小学校
福島市立野田小学校
福島市立野田中学校

座右の銘 「一期一会」
今後の目標 「プロ野球選手になる!そして立派な大人に!」
大会実績 <1年次>
 春季県大会優勝、春季東北大会2回戦、夏季県大会準優勝、秋季県大会4位
<2年次>
 春季県大会準優勝、春季東北大会準優勝、夏季県大会優勝
 全国高等学校野球選手権大会ベスト16
 (1回戦 対鳥取商業戦2ランホームラン)
 秋季県大会優勝、秋季東北大会1回戦
<3年次>
 春季県大会2回戦、夏季県大会優勝
 全国高等学校野球選手権大会ベスト32
(1回戦 対佐賀商業戦 11−0で勝利 9回1死までノーヒットノーラン、惜しくも偉業を逃すが県民をはじめ全国に強烈な印象を与える)
       
※ 2年次、3年次の甲子園通算成績 20打数10安打8打点1本塁打 打率5割
戻る