「私とウエイトリフティング」
    
田村高等学校ウエイトリフティング部3年  黒 江  雄 治 さん
  

私はこの高校3年間、ウエイトリフティングに熱中し、先生方や先輩方、県ウエイトリフティング協会の方々の指導や部活の仲間、家族の支えのお陰で、3年次に全国高校総体、国体と62kg級で優勝することができました。

私がウエイトリフティング競技に出会ったのは中学2年の冬でした。当時高校1年生の兄がこの競技の大会で優勝し、その兄に誘われたのがきっかけでした。中学時代、陸上競技をやっていた私は、なかなか良い成績を残せず、練習だけを何とかこなしている毎日でした。3年生の夏、陸上競技の県大会で3種競技Bに出場しましたが、残念ながら9位に終わってしまい、失意に満ちた私はその後、月一,二回程だったウエイトの練習に徐々に力を入れはじめました。その結果中学生の大会で2位になることができたのです。その時、この競技なら全国で戦うことができると実感し、そして私は田村高等学校に入学したのです。

高校では中学とは比較にならない程、練習の濃さが違いました。今までは先輩方の真似をしてやっていたぐらいだったので、最初は練習について行けませんでした。それを感じてから毎日精一杯練習に取り組みました。その甲斐あってか、高校1年でインターハイに出場することができましたが、結果は惨敗、当時高校3年生だった兄は優勝し、自分の力の無さを改めて実感しました。兄のように自分もインターハイで優勝したいと思いました。それから兄を目標に練習に励みました。時には倒れる程練習し、両足がつって歩けなくなった時もありました。

1年が過ぎ、2年が過ぎ、最後のインターハイ。兄を目標にし、辛くて練習をサボろうと思ったこともたくさんありましたが、目標通り、優勝することができました。

私はウエイトリフティングに出会って、人間的に成長できたのではないかと思っています。そして、これからも競技を続け、競技力をさらに向上させるとともに、ウエイトリフティング競技というものを広めていきたいと考えています。

最後に、応援してくださった皆様、ありがとうございました。これからも大学で頑張りたいと思います。

<プロフィール>
競技種目名 ウエイトリフティング
氏  名 黒江雄治(くろえ ゆうじ)
所  属 県立田村高等学校3年
生年月日 昭和63年1月20日
出 身 地 伊達郡川俣町
出 身 校

川俣町立川俣南小学校

川俣町立川俣中学校

座右の銘 「勇猛果敢」
今後の目標

「インカレ優勝!」

大会実績 第20回全国高校選抜大会 ウエイトリフティング競技 62kg級トータル 優勝

平成17年度全国高校総合体育大会 ウエイトリフティング競技 62kg級トータル 優勝

第60回国民体育大会 ウエイトリフティング競技 62kg級 スナッチ、クリーン&ジャーク優勝