私とサッカー
         
湯本高等学校サッカー部顧問 櫛田正則 

 私がサッカーと出会ったのは小学5年生の時です。それまで私はソフトボールに夢中で暇さえあれば友達とソフトボールに熱中していました。決してサッカーに魅力を感じて始めたわけではなく、5・6年生時の担任の先生がサッカー大好き先生で、無理やりサッカーをさせられたのが始まりでした。中学校入学と同時にサッカー部に入部したわけではなく、入部したかった柔道部が廃部となっていたため、剣道部、野球部と体験入部の後、何となくサッカー部に入部したような気がします。3年間苦しい練習に耐え、大事な時期に腰を痛め、県大会で優勝できなかった悔しさがサッカーを続けた大きな要因です。
 大学時代は指導者を目指しサッカーをしたわけではなく、全国大会に出たいという事だけでした。指導者になりたいと思ったのは、大学4年になって進路について考えるようになった時です。運よく採用され「やるぞ」と思ってから高校生を指導するまでには11年かかりました。その間色々な事を経験し、考えさせられ苦しんだ時がありました。それらの事が本当に役立っている事に気付き始めたのは、指導に行き詰った時です。養護学校での生徒との生活、分校でのソフトボール顧問の経験は今大変感謝しています。
 サッカーの魅力は『人を変え・人が変われる』『指導に完璧』がない事だと思います。ですから完璧に少しでも近づこうと日々勉強し、身体の一部にしようとしています。もう一つは、教え子が指導者・観戦者・トレーナー・サポーターなど一生サッカーと付き合ってくれる人を育てたり、良き社会人になる手助けが出来る事です。単純なようで難しく、楽しいサッカーを続けていくため、これからも先輩・後輩・生徒など多くの人に多くの事を学び、自分を成長させてくれたサッカーに感謝し、恩返しが出来るようより一層サッカーの勉強を続けていきたいと思っています。そしてその結果が勝ちにつながった時の喜びを味わうために・・・・・


《プロフィール》

氏  名
櫛田正則(くしだ まさのり) 昭和32年11月21日生(47歳)
選手戦歴
中学校 (東北大会第3位)
高等学校(福島県少年選抜選手)
大学  (総理大臣杯3回、インカレ2回出場)
社会人 (国体3回・天皇杯3年連続出場)
指導戦歴
平成3年〜7年  県少年選抜コーチ
平成8年     県少年選抜監督
平成3年〜10年 須賀川高等学校サッカー部顧問
         (高校体育大会第2位東北大会出場・選手権第3位)
平成11年〜現在 湯本高等学校サッカー部顧問
         平成15年高校体育大会第3位・平成16年第2位
         2年連続東北大会出場・選手権第3位・天皇杯出場
         U−16プリンスリーグ東北出場)

戻る