「私とバウンドテニス」

大塚星一郎

  バウンドテニスは生涯スポーツとして「全国スポーツ・レクリエーション祭」に正式競技種目として採用されておりますが、一般的に普及度がうすく、紹介させて頂きます。
 バウンドテニスは、レスリングのゴールドメダリスト(メルボルンオリンピック大会)笹原正三氏が昭和55年に考案、開発されたスポーツです。
 コートの広さは3m×10m、ネットの高さは50cm、ラケットの長さ50cm、ボールはソフトテニスボールよりひと回り小さく、テニスコートの6分の1の面積でプレイができ、ルール的にはテニスとほぼ同様、室内外を問いませんが、人工芝コートを使用してほとんど室内でのプレイですからシーズンに関係なく、年間を通して競技が可能です。個人の体力、年齢に応じたプレイができ、スポーツとしてのバランス感覚、敏捷性、瞬発力が養成できます。運動量も適当にあり、運動不足・ストレス解消、体力づくりに最適です。
 全日本選手権大会が東京体育館で毎年開催され、男女ともフリー、ミドル、シニアと年齢別三階級に、種目はシングルス、ダブルス戦があり、県予選会に優勝すると全国大会への道が開けます。私も平成7、9、10年にシニアの部で出場いたしましたが、県名のアナウンスが会場に響きわたり、観客席からの拍手に包まれながらの入場は興奮と感動で生涯忘れることのない貴重な体験でした。
 福島県主催のねんりんピック、スポーツフェスタ、総合体育大会をはじめ、市町村クラブ、市郡協会、県協会などが各々主催する楽しい盛り沢山の競技会があります。「ならうよりも、なれろ」の軽い気持ちで参加をお待ちしております。
 
 問い合わせ 024-582-5874

プロフィール

競技種目名 バウンドテニス
氏   名 大塚 星一郎 おおつか せいいちろう
所属(役職) バウンディメイト桑折会長(伊達郡協会会長県協会副会長)
生年月日 昭和6年8月11日
出身地 群馬県富岡市上丹生
現住所 伊達郡桑折町
モットー 継続は力なり
指導上常に留意していること 体力、技能、年齢に応じた指導。

戻る