「なぎなた大会を終えて」
                    会津若松市立一箕中学校 3年 田中 厚
 中学校生活最後の夏、僕は今年の大会に賭けていました。昨年の全中大会では準決勝で敗れてしまい3位だったので、今年こそ優勝をと狙っていたからです。
大会では何とか決勝まで勝ち上がったのですが、惜しくも敗れてしまいました。昨年と比べて順位は上がったのですが、以前のように喜べませんでした。それは、前と同じ相手に負けてしまったことともう少し踏ん張れば優勝をつかめたかもしれないという後悔があったからです。また今年が最後だったこともあります。
7月の全中大会も終わり、後は8月の日本武道館で行われる練成大会だけとなりました。
選手宣誓の代表に選ばれて、この大会に対する不安は一層高まりました。
 当日、選手宣誓も何とかうまくいきリベンジに燃えた試合が始まりましたが、3回戦負けというあっけない結果に終わりました。しかし、この時の表彰式には、全中大会の入賞者はいませんでした。全中大会の時、僕に「おめでとう」と言ってくれた人が表彰されているのを見たとき、自分がみじめに思えました。「昨年もそこそこの成績で、今年も賞に入った」そんな気持ちの余裕があったのかもしれません。それがこんな結果になったのだと、つくづく反省しています。
 自分の弱点は、自分に何かを期待してそれを不安に思ったりして精神的にもろくなってしまう所です。全中大会は1回戦、緊張で身体がガチガチだったのを覚えていますが、その分純粋に競技ができ、とことん熱くなれました。
 しかし、練成大会では優勝するという思いが空回りして、1試合1試合を大切にしていなかったと思います。
 中学校3年間、なぎなたを通して思うのは、決して初心を忘れずに、全力で競技することです。そして、これからの自分の目標は、「前も良かったから」とか「もし駄目だったらどうしよう」といった気持ちは捨て、常に新しい気持ちでトライしようということです。
これからいろいろと自分を試される中で、良かった過去は思い出さずに、悪かった点を反省して自分らしく前に進めるよう努力したいです。 

<全国大会での試合の様子>
<プロフィール>
氏  名 田 中 厚(たなか あつし)
所  属 会津若松市立一箕中学校  3年
生年月日 昭和63年1月30日
出身地 会津若松市
大会実績
2001年 JOCなぎなた全国中学生大会 男子個人の部3位      
      武道練成全国大会 演技競技  優良賞
2002年 JOCなぎなた全国中学生大会 男子個人の部2位      
その他 一箕中学校では、剣道部に所属し、剣舞隊として白虎隊の剣舞に取り組んでいます

<武道練成大会で選手宣誓を行う>
    
 <剣舞隊として白虎隊を披露>   
<綱引き競技などにも積極的に参加>

戻る