「私と陸上競技」
郡山東高等学校2年 丹野麻美
 私は、今年の夏に茨城県で開かれたインターハイの400mで2位入賞、高知県で開かれた国民体育大会では優勝することができ、また日本の代表としてタイで開かれたアジアジュニア大会では400mで2位、リレーでは3位に入賞することができました。
 私は中学校の時から陸上を始めましたが、中学校から高校1年生の夏までは400mではなく、100、200mを中心に走ってきました。100mから400mに種目を変更したきっかけは、高校1年生の夏に行われた福島県選手権でした。この大会には少年女子Bの400mの種目があり、そのときに顧問の菅原先生から400mをやってみないかと言われて400mに出場しました。その結果、県大会では優勝し、国体では3位に入賞することができました。それ以降、本格的に400mの種目を練習するようになりました。400mの練習は、100mの練習とは全く違い、戸惑うことが多かったのですが、練習や合宿を重ねていくうちにだんだん慣れてきました。学校の練習では男子と一緒に走ることが多いので、とても良い練習になります。初めのうちは男子の後ろばかりを走っていましたが、練習をしていくうちに男子の前を走ることができるようになりました。そのような練習を毎日繰り返していった結果、今年の県大会、東北大会で優勝することができ、インターハイに出場することが出来ました。インターハイでは個人の種目で出場するのは初めてだったので入賞できればいいなと思っていましたが、2位に入ることができて自分でも驚きました。私は、このインターハイで自分の走りに自信を持つことが出来ました。それと同時に、国体では1番高い表彰台に上がりたいと思うようになり、インターハイから国体までの練習はずっと優勝することだけを考えていました。
 国体では、自分の走りをすれば必ず優勝できる、今までの練習をしてきて負けるはずがないと、自分に言い聞かせていました。そのせいか緊張することなく走ることができ、2位と同タイムでしたが、優勝することができてとてもうれしかったです。
 アジアジュニア大会では、海外での大会が初めてだったので、いつも通りの走りができるかとても不安でした。大会ではいつも以上の走りができ、2位に入ることができました。この大会に参加して、また少し強くなったような気がします。強い選手達と一緒に過ごすことができ、学ぶことがたくさんありました。この大会で学んできた事や経験してきた事をこれからの競技生活に生かしていきたいと思います。
 来年は、みんなに追われる立場になるので今まで以上の練習をし、日本のトップの位置を保てるように頑張りたいと思います。来年は県高校記録を目標にし、常にその目標を頭に入れ練習や合宿を重ねていきたいと思います。
 今年、このような結果を残すことができたのは、顧問の菅原先生をはじめ両親や部活の仲間、そして私を応援してくださったみなさんのおかげだと思います。みなさん、本当に応援ありがとうございました。この感謝を忘れずに来年もがんばりたいと思います。
<プロフィール>
氏名 丹野 麻美(たんの あさみ)
所属/郡山東高等学校 2年
生年月日/昭和60年9月25日
出身地/福島県矢吹町
大会実績
・ 第55回 全国高等学校陸上競技大会  400m 第2位
・ 第57回 国民体育大会        400m 優 勝
・ 第10回 アジアジュニア陸上競技大会 400m 第2位

戻る