「マスターズとともに」
                                                             マスターズ陸上 嘉成倶子
全日本マスターズ陸上に参加して6年、現役時代にはなかったハンマー投が女子種目にあるのを見て驚き、ましてや小柄な大岩さんが投げたハンマーが大きなアーチを描き飛んで行くのを見て、あ然としました。ハンマーグローブも持たず、ターンもなしで真似して投げたものの、手が痛くて3位に終り、遅れをとった自分が情けなかった事も思い出の一つです。こんな事なら、世界で活躍していた菅原武男さんや室伏重信さんと一緒に日大グランドで練習していたのですから、少しでも教わっておけば良かったと後悔しました。専門種目だった砲丸投、円盤投は日本記録を更新したら優勝出来、責任が果たせればと気負っています。昨年の日本体協・陸連主催の第1回スポーツマスターズ(宮崎)は45才以上、4kgの砲丸でしたので、60才で3位が精一杯できつかったです。第2回の今年は横浜で55才以上2.7kgだったので優勝出来ました。(11.5kg)
 スポレクでも参加のたびに優勝出来ました事も、県体協の方々の御支援、御協力を戴きまして誠に有難うございました。昨年、還暦を機に臨んだ世界ベテランズ大会(オーストラリア・ブリスベン)で現役時代のオリンピックメダリストに混って、思いもよらず3位になれたのが嬉しく「ジャパン、〜」と握手し、肩を組んでくれた温もりが忘れられません。銅メダルに刻印してもらう時間が長く感じられました。
今年のアジアベテランズ大会(中国・大連)では、円盤投とハンマー投に優勝し、砲丸投は日本新記録でしたが7cm負け2位でした。また、昨年初めて参加した、全日本混成大会の重量五種(砲丸・円盤・槍・ハンマー・重量)で日本記録を更新し、今年も更新出来ました。ところが世界に食い込むには槍投が弱点です。若い頃には何にでも楽に取り組めたのに、膝を痛めている今は、一寸でも変わった動作をすると故障してしまうのではないかと心配になり、思い切れません。私にとってハンマー投と槍投の技術が難しい分、未知数の部分が多く、興味が湧いてきます。大会は何時も快い興奮と反省の繰り返しで、記録の更新と親睦、旅行を兼ねて、主人と一緒に楽しく参加しています。来年の世界マスターズ(プエルトリコ)にも参加したいと思っています。
 この間、最優秀選手賞、優秀選手賞、敢闘賞などを戴き、大きな励みになっております。今年、会津陸協より特別表彰をいただき、競技への責任の重さを感じております。
また、90才の南部久子さんが世界記録を目の前で樹立されました。私にとっては30年も先の事ですので皆目、見当がつきませんが、確実な目標を印して下さいました。私自身、今の自分に出来る範囲で少しでも長く競技が出来ます様に頑張りますので、これからもよろしく御指導、御鞭撻の程、お願い致します。冬場は雪などで競技の方は冬眠状態となりますので春が待ち遠しいです。
<プロフィール>
 氏  名   嘉成 倶子(かなり ともこ)
 出身地等   岡山県 日本大学卒業
 現  在   会津若松市在住
 主な大会実績 
 55歳の部(砲丸投・円盤投) 日本記録保持
 60歳の部(砲丸投・円盤投・ハンマー投)日本記録保持
 重量五種(砲丸・円盤・槍・ハンマー・重量) 日本記録保持
 2002年アジアベテランズ大会 円盤投・ハンマー投 優勝

 <世界ベテランズ・ブリスベン大会>

<2002日本マスターズ神奈川大会>

<2001全日本マスターズ静岡大会/本人中央、向かって右側南部久子さん(89歳)>

戻る